ソワン

ソワンは本当に効果が高いの?

更新日:

ソワンのエキス成分

体に良い成分

クレマティスエキス

コボタンヅルの芽や葉から抽出されたもの。クレマティスというのはコボタンヅルを含めた観賞用蔓性多年草(センニンソウ属)の総称です。

サポニンが含まれていて、リパーゼという酵素の働きを阻害します。

この酵素は皮脂を分解する作用を持っていて、活性化するとひりつき、かさつき、赤ら顔、ニキビなどが生じやすくなります。

クレマティスエキスはそれらを抑え、さらに糖分により肌の水分をキープしてくれます。

ヒバマタエキス

ヒバマタというのは岩礁に生育する海藻のこと。海藻だけあって、ヨウ素、亜鉛、アミノ酸といったミネラル類や食物繊維をたっぷり含んでいます。

保湿作用に富んでいて、肌に潤いをキープし、ハリを与える効果が期待できます。

また新陳代謝を促進するため、スリミング(引き締め)化粧品にもよく使われています。

セイヨウナツユキソウ花エキス

セイヨウナツユキソウ(西洋夏雪草)は、もともとモンゴルの草原に群生していた多年草。甘い香りがするため、エリザベス王朝時代のイギリスでは香水のような使われ方をしたそうです。ハーブティーとしても愛飲されてきました。

サリシン、サリチル酸配糖体、タンニン、フラボノイドが含まれ、発汗を促し、新陳代謝に役立ちます。また鎮痛、解熱などの効能を持ち、関節症、血行障害、高血圧にも効果を発揮します。

また、利尿作用を備えていて、体の水分の代謝が活性化します。皮膚近くにある毛細血管が拡張され血の流れが改善。このことで皮膚細胞のターンオーバーが促されるので、美肌への効果が期待できるのです。

セイヨウキヅタ葉エキス

セイヨウキヅタとは名前の通りツタの1種。ヨーロッパやオリエント地方では石垣や城跡などで繁茂しているのを見ることができます。極めて生命力が強く、建物の隙間に入り込んでレンガなどの結合部を破壊してしまうほどです。その繁殖力が注目されたのか、薬用としても古くから用いられてきました。

サポニン、フラボノイド、有機酸などを成分として含有。抗炎症作用、収れん作用、抗菌作用などを備えています。

また肌荒れやニキビに効果があるため、洗顔料やクリームに盛んに配合されています。

アーティチョーク葉エキス

アーティチョークはヨーロッパでは盛んに食べられている食用植物。特にイタリア人に好まれ、前菜として欠かせません。日本では江戸時代からチョウセンアザミと呼ばれてきました。

美容用のエキスとしても最近注目を集め、含有されるシナロピクリン成分が肌荒れの防止やハリや弾力を高める効果があることが分かっています。

さらに毛穴を引き締めることが最近の研究で判明し、毛穴ケア製品には欠かせなくなっています。

ソワンの口コミ評判は?

ソワンの収れん作用

知識を習得
初めてソワンを使うと肌に少しだけ刺激を感じるので、「敏感肌だけど大丈夫なんだろうか?」と心配になるかもしれません。

でもそれは最初だけ。その後ヒリヒリするようなことはないので安心して下さい。

その刺激のような感覚は、配合成分による「収れん作用」がしっかり起こっている証拠なのです。

「収れん作用」という言葉は美容液の説明でよく聞きますが、毛穴の開きを改善し、引き締める効果を指します。

実際、ソワンを1ヶ月くらい使い続けると毛穴が本当に引き締まってきます。

「ある日鏡で自分の顔を見て、毛穴が目立たなくなったことに突然気がつき、すごくうれしくなった」という口コミもありました。

また「ソワンを使い始めてからお肌の色がワントーンアップした」という感想も目立ちます。

ソワンは毛穴の開き、黒ずみ、角栓に特化した美容液。

ぜひその効果を試してみてください。

-ソワン

Copyright© ソワンで毛穴黒ずみの悩みを解消!効果と口コミ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.